FC2ブログ

韓国語能力試験の合格基準

韓国語能力試験の合格基準を知っていますでしょうか?

前回、試験のシステムを知らなくてはいけないという話をしました。
まずはどうやったら合格できるのかと言う事が重要です。

ですから韓国語能力試験の合格基準を熟知する事から始めましょう。

まずは韓国語能力試験の概要をご確認してください。

上のリンク先に「問題の種類及び配点」と「合格基準」というものがありますね。
これが要チェックポイントです。

他に「級別の認定基準」でどういうレベルの実力が要求されるのか、そして「作文問題の評価基準」でどういう作文が評価が高いのかと言う説明がありますが、ここはそれほど重要ではありません。

なぜならここに書いてあるのは理想であって、合格に必要な条件ではないのです。

例えば韓国語能力試験の2級で「1,500~2,000語程度の語彙を用いた文章を理解でき、使用できる」とありますが、考えてみてください。
「語彙を理解できる」=「読める」と「語彙を使用できる」=「書ける」のではだいぶ意味が違ってきます。
英語でもそうですが、通常人は自分が読める単語を全て書けるわけではありません。
ましてや「話せる」わけでもありません。

逆に、実際2000語の単語を自由に書いて文章を作れるとしたら、実は韓国語能力試験の高級の作文もクリアーできてしまうのです。

これはびっくりするような本当の話です。
詳しくはまたおいおいお伝えします。

また、韓国語能力試験の5級や6級の認定基準で「専門分野」とか「政治・経済」とかいう単語が出てきて思わずしり込みしてしまう人もいるかと思います。

「うわ!何かよく分からないけど難しそうだ。自分は日常会話レベルしか勉強していないのに専門用語なんて分からないぞ。」

安心してください。
これもふたを開けてみればたいしたことはないのです。

だってここでいう「専門分野」って何の分野のことですか?
よく分かりませんね。

韓国語能力試験6級合格者が「政治・経済」に出てくる日本語でも難解な
専門用語を全部知っていると思いますか?
そんなはずはありませんね。

つまりこれはただの脅しなんです。

ですからここは軽くスルーしてください。
「作文問題の評価基準」も同じです。
韓国語能力試験の作文の対策についもまたおいおいご説明します。

しかし「問題の種類及び配点」と「合格基準」は絶対に熟知する必要があります。
といっても「問題の種類及び配点」は、要は「語彙・文法(어의/문법)」、「書き(쓰기)」、「聞き(듣기)」、「読み(읽기)」各100点で400点満点だと言うだけのことです。

一番重要なのは「合格基準」です。

韓国語能力試験に合格するためにはこの合格基準をどう理解するのかがとても重要です。
それによって韓国語能力試験の勉強方法もおのずと見えてくるのです。

次回はこの「合格基準」の部分をどう読むのかについてお知らせしたいと思います。


つづく・・・


応援クリックお願いします↓

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト






韓国語能力試験1級、3級、5級を大解剖!

ではさっそく韓国語能力試験の合格基準の読み方を見ていきましょう。

もう一度、韓国語能力試験の概要を見てください。

その中の合格基準に書いてあることはこういうことです。


韓国語能力試験1級、3級、5級の場合
①全科目40点以上
②総合得点200点以上



韓国語能力試験2級、4級、6級の場合
①全科目50点以上
②総合得点281点以上



この①と②の両方の条件をクリアーすれば合格ということになります。
だからいくらよい点数を取っても一科目でも39点以下があればもう不合格です。

逆にいくら点数が悪くても全科目40点以上でかつ全体で200点(正答率50%)をとれば、レベルに応じて韓国語能力試験1級、または3級、または5級に合格できるわけです。

ではここからが重要です。
上記の条件を元にいくつか合格する点数をシュミレーションしてみましょう。
今回は低い点数で合格できる韓国語能力試験1級、3級、5級からです。

例えば合格できる合格最低点の例としては以下のような点数配分が挙げられます。

①50点、50点、50点、50点
②40点、53点、53点、54点
③40点、40点、60点、60点
④40点、40点、40点、80点

どうでしょうか?
まずはこのようにどういう範囲の点数が合格範囲内なのか数字の遊びをしてみるのです。

どの科目も平均的に取れる人は①や②の点数配分を目指します。
科目によって取れそうな点数に開きがある人は③や④を目指します。

特に④を見てみてください。
韓国語能力試験の1級、3級、5級は
3科目が40点でも1科目80点以上取れれば合格なのです。

これが韓国語能力試験のからくりの一つ。
つまり、韓国語能力試験の1級、3級、5級は作戦しだいで
かなりの確率で合格できるのです。

さらに韓国語能力試験のからくりをもう一つ。
韓国語能力試験の答案は作文を除いて全てが4択問題になっています。

これはどういうことでしょうか?
そう、つまり問題を全く読まないで
全ての答案を1番に○をつけても25点取れてしまうのです。

そんなの分かっている、と思われる人もいるかもしれません。
でも例えばさっきのシュミレーション4の場合、80点取れる科目が一つあれば、あとの科目は40点でよかったわけですよね。

何もしなくても25点取れるテストで40点取るというのはそれほど難しくないはずです。

では実際のところはどうなのでしょう。
韓国語能力試験のテストは書き取りを除いて全て各30問の100点満点で構成されています。
各設問ごとに3点か4点が配分されているということです。
実際には3点の問題が20問、4点の問題が10問です。

もしここで本当に全ての選択肢を1として選んだとしたら、確率論的には7問か8問は当たるわけです。
つまり最低21点、普通は25点、運がよければ30点くらい取れる可能性もあるわけですね。

ではここから合格最低点の40点をクリアーするにはどうすればいいのか?
つまり自分の実力で確実に正解を選べる問題がいくつあればいいのかということになります。

例えば全部3点の問題を14問正解させて40点を取ると考えます。
その場合は結論的に言うと9問だけ絶対に取れる問題があれば合格できることになります。

計算式は以下の通り

実力で取るのが
9×3=27 27点!

カンで取るのが
21÷4=5.25
小数点以下を切り捨てて
5×3=15 15点!

27+15=42 42点で合格!

ということになります。
しかもこれは全て3点の設問しか取れなかったとした場合で、なおかつ小数点以下は切り捨てての計算なので、実際にはもう少し点数が上がるはずです。

つまり一科目でも80点以上取れる人なら、その他の3科目はほとんど3問に一問正解できれば十分に合格してしまえるわけです。
すごいでしょ!

でも中には一科目も80点を取れそうにない人もいるでしょう。
でもシュミレーション③のように、例えば2科目で60点以上取れるのであれば、残りの2科目は3問に一問当たればいいはずです。

どれ一つ、秀でたものがない場合でも大丈夫です。
全部50点取ればいいのですから、その場合は13問正解すればいいことになります。
つまり2問に一問解けなくてもいいわけです。

どうですか?
韓国語能力試験1級、3級、5級を攻略できそうに思えてきたでしょうか?

このように、韓国語能力試験に限らないとは思いますが、試験の点数はやみ雲に勉強して取るものではないのです。
事前に計算して取るのです。

このからくりが分かっただけで、韓国語能力試験合格にだいぶ近づいたと思ってもらっていいと思います。

では次回は韓国語能力試験2級、4級、6級について説明していきたいと思います。


つづく・・・


応援クリックお願いします↓

人気ブログランキングへ



韓国語能力試験2級、4級、6級を大解剖!

続いては韓国語能力試験2級、4級、6級についてです。

基本的には前回の「韓国語能力試験1級、3級、5級を大解剖!」と同じように見ていきます。

まず確認しなくてはいけないのは合格基準です。

韓国語能力試験2級、4級、6級の合格基準は
①全科目50点以上
②総合得点281点以上


でしたよね。

ではこちらもさっそく、合格最低ラインの範囲内でいろいろシュミレーションしてみましょう。

例えばこんな感じになります。

①70点、70点、70点、71点
②50点、77点、77点、77点
③50点、50点、90点、91点
④50点、70点、70点、91点

なぜこのシュミレーションが重要かというと、前回も言いましたが、韓国語能力試験に限らず試験の点数はやみ雲に勉強して取るものではないのです。
事前に計算して取るのです。

ちなみに私の体験談から言えば、私は正にこのシュミレーション④で合格したということになります。
詳しくは こちら

それと、実際のところシュミレーション①のように、全て平均的に点数を取ってくる人というのはそう、多くは無いのではないかと思います。
基本的に得意、不得意があるはずで、要はそこをうまく使う必要があります。

つまり得意な科目で不得意な科目を補う。
しかし不得意な科目も合格最低点は越えてくるように頑張る。


例えば私の場合には語彙・文法がてんでだめでした。
だからこちらは合格最低点の50点越えをすればOK。

そのかわりその分を聞き取りで補う計画でした。
こちらは85点は取って来たいところ。

そして書き取りと読解は無難に70点は超える。
そうするとだいたい280点は超えてくる計算になります。

それに合わせて勉強する配分を考えるわけですね。

ではまずは目標点の設定から始めましょう!


つづく・・・


読者のみなさんの
暖かいワンクリックをお願いします


人気ブログランキングへ



語彙・文法、書き取り、聞き取り、読解の特徴紹介

それと、みなさんもう知っておられると思いますが、
この韓国語能力試験とはちょっと変わった試験ですよね。

だって普通こういう試験ていうのは英検みたいに級ごとに違うテストをするか、TOEICみたいに同じテストをして点数だけで競うかなのに、韓国語能力試験はその両方が微妙に組み合わさっています。

韓国語能力試験の1級と2級が同じテスト。
同じように3級と4級、5級と6級。
そして違うのは合格最低点だけ。

しかも一つは平均50点で合格なのに、もう一つは平均70点です。
平均点が20点も違うというのは大きな差です。

なので、場合によっては韓国語能力試験の
4級に合格するよりも5級に合格するほうが簡単な場合もあるのです!

さて、「語彙・文法(어의/문법)」、「書き取り(쓰기)」、「聞き取り(듣기)」、「読解(읽기)」の4つの科目からなっている韓国語能力試験ですが、実はこれは難しい順番に並んでいます(もちろん個人差はありますが)。

まず一番難しいのが語彙・文法
これは単語や文法表現の意味を問われるので、知っていないと解けないことがよくあります。

二番目に作文でてこずる書き取り
特に最難関は最後に出てくる長い作文

初級で150~300字。
中級で400~600字。
高級で700~800字。


私も中級を受けたとき400字の作文を書ききるだけで死ぬ思いでしたので、高級の700字なんて雲の上の話のようでした。

そして次が一番差が出る聞き取り
どこで差がでるのかというと、韓国語を聞くことに慣れた耳をもっているのかどうか?

ここに関しては日本でこつこつ勉強されている方には申し訳ありませんが、
留学生が断然有利です。
実際、韓国語能力試験を受けた留学生は全員「聞き取りが一番簡単だった」と言っています。

最後に読めれば取れる読解
いわゆる日本で言う国語の力が一番必要な科目でもあります。
「読めれば」というのは、逆に言えば読めないことが多々あるということです。
その理由は

①知らない単語があって読めない
②時間が無くて読めない


の二つです。
特に、けっこう時間切れで終わってしまうことがありますので要注意です。


暖かいワンクリックをお願いします

人気ブログランキングへ



ブログ内検索
プロフィール

TOPIK太郎

Author:TOPIK太郎

 初めまして!TOPIK太郎です。

 このブログを書き始めたときは韓国の大学院に留学中の学生でしたが、現在は日本に帰国して働いています。

 私の韓国語の勉強方法及び韓国語能力試験(TOPIK)4級、6級に連続で合格した経験を元に書いているブログです。

 みなさまの韓国語の勉強のお役に立てられましたら幸いです。

 言語の壁を越えることで心の壁も超えられる部分もあります。語学学習は実は小さな世界平和に貢献していると思います。韓国語の学習を通じて小さな平和を愛する世界人が増えることを願っています。

お勧め書籍



カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
おまけ

★平和を愛する世界人として
平和を愛する世界人として

このブログを作るきっかけになった本です。 無料贈呈しています。
詳しくはこちら