FC2ブログ

自己紹介その3

韓国語能力試験4級に合格した私は勢いづき、韓国語能力試験6級を目指すことにしました。

しかし、受験したことがある人は分かると思いますが、韓国語能力試験の中級の問題と高級の問題は雲泥の差があります。
中級レベルはまだ学校で習ったものでカバーできますが、高級は無理です。

実はうちの大学院でも大学を韓国で卒業して大学院も韓国で通っている日本人がいましたが、そんな韓国滞在歴5年以上の人でも落ちてしまうのが高級の問題なのです。

ましてや私のように韓国滞在歴1年足らずの人間に何ができるでしょうか。
加えてなんといっても時間がない。
9月に4級を受けて11月に合否発表だったので、次の4月の試験に備える時間は実質4ヶ月でした。

しかし私は自分なりに焦点を絞った勉強を始めました。
また、自分の実力からしてどの科目にどれくらいの時間を割り振ったらいいのかも計算しました。

そのように準備していった結果、確率論的に言えば合格できるようになりました。
この辺の韓国語能力試験のからくりはまたお知らせします。

とにかく今度も合計80時間くらいの勉強をして、韓国語能力試験6級に臨んだのでした。

受験日は4月19日。
そしてまた2ヶ月ほどして、試験結果が発表されました。

スコアーは以下の通りでした。

語彙・文法(어의/문법)→54点
書き取り(쓰기)→76点
聞き取り(듣기)→92点
読解(읽기)→74点
合計→296点
平均→74点


IMG_0817.jpg


結果、なんと4月の試験で韓国語能力試験6級に合格してしまったのです!

これは韓国語の勉強を始めて1年3ヶ月の快挙でした。

おそらくいくら留学生と言えども1年3ヶ月で韓国語能力試験6級に合格した人はそうはいないはずです。

しかし今回はさずがに前回よりも点数が下がっています。
特に語彙・文法は合格最低点に限りなく近い点数でした。

しかしこれはある意味私にとっては予想通りでした。
なぜならそもそも100点満点を取るつもりの勉強をしたのではなく、
合格するための勉強をしたのですから。

この2度の受験を通し韓国語能力試験の勉強方法は

①試験のシステムを知ること
②自分の実力を知ること
③自分に与えられた時間と勉強量の配分を考えること
④ひたすら勉強すること

であると分かりました。

他の試験もそうだと思いますが、試験勉強は効率が重要です。

では次回からはまず①について、つまり韓国語能力試験とはどういうシステムになっているのかについて見ていきたいと思います。

つづく・・・


応援クリックお願いします↓

人気ブログランキングへ
関連記事



コメント

Secret

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
ブログ内検索
プロフィール

TOPIK太郎

Author:TOPIK太郎

 初めまして!TOPIK太郎です。

 このブログを書き始めたときは韓国の大学院に留学中の学生でしたが、現在は日本に帰国して働いています。

 私の韓国語の勉強方法及び韓国語能力試験(TOPIK)4級、6級に連続で合格した経験を元に書いているブログです。

 みなさまの韓国語の勉強のお役に立てられましたら幸いです。

 言語の壁を越えることで心の壁も超えられる部分もあります。語学学習は実は小さな世界平和に貢献していると思います。韓国語の学習を通じて小さな平和を愛する世界人が増えることを願っています。

お勧め書籍



カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
おまけ

★平和を愛する世界人として
平和を愛する世界人として

このブログを作るきっかけになった本です。 無料贈呈しています。
詳しくはこちら